薬を持っている男性

AGA治療では頭皮に塗るタイプの外用薬が用いられることがあります。使用方法は市販の発毛剤のように直接頭皮に塗布するだけで、特別難しい使い方をするわけではありません。大きく異なる点は配合成分にあり、これによってAGAに対する効果がまるで違ってきます。

まず市販の発毛剤に関しては、発毛を目的にしているだけあって、新たな髪を育てるために有用とされる成分が含まれています。よく育毛剤と発毛剤は混同されてしまうこともありますが、育毛剤は今ある髪の毛の成長をサポートして育てる働きがある一方、発毛剤は生やすことに重点を置いているのが特徴です。そのため発毛剤には強力な成分が含まれ、薄毛からの回復を手助けしてくれることに期待ができます。

一方のAGA治療用の外用薬に関しても同様に、強力な成分が含まれています。しかしながら有用性は市販の発毛剤を大きく上回り、まさに薄毛を治すための薬として用いられているのです。れっきとした医薬品扱いであり、発毛効果も実証されているという大きな特徴を持ちます。その効果の高さから、AGA対策に用いることが強く推奨されているほどです。

AGA治療にはガイドラインが設けられており、どの成分が特に有用なのかという指標が示されています。成分によってランク付けがされ、市販の発毛剤の成分もいくつかそこに含まれています。ただ、そうした発毛成分の多くは、あまり使用が推奨されていないという実態を持つのです。使用を考慮しても良いものの、十分な根拠がないゆえに強く使用が勧められているわけではありません。かたや外用薬に関しては推奨度が最も高いAランク判定を受けており、薄毛を改善するための治療に用いることが有効とされているのです。

薄毛治療のガイドラインによる判定を鑑みると、AGA対策は専用の外用薬を用いて回復を目指すのがベターであり、その他の対策では十分な回復ができない可能性があると言えます。なお、ガイドラインで推奨されているのは外用薬だけでなく内服薬もあって、こちらに関しても使用が強く推奨される治療薬のひとつです。より効果的な治療を目指す場合は、外用薬と内服薬をダブルで使用することが大切で、病院で治療を受ける際にも双方を併せて処方されることが少なくありません。片方だけでは回復効果が落ちてしまうことも考えられるため、しっかりと対策をしていきたい場合は二種類の治療薬をセットで用いることを検討してみると良いでしょう。